〒195-0053 町田市能ヶ谷1-5-8
鶴川インペリアルビル4階-D
042-734-0913

当クリニックについて

診療方針と特徴

 当クリニックは、治療者が一方向的に患者さまの健康を回復させるのではなく、患者さまご自身が体調を管理し、再発を防止するという発想の下に、専門的な立場から助言や治療をさせていただくことを基本姿勢にしています。つまり、患者さまの心身の不調や実生活の困難さが少しでも軽くなるような生き方や方法について、いっしょに考えていく方向へ診察が進むように心がけます。

 健康回復には、もちろんお薬が欠かせない状態や病気はあります。しかし基本的には薬物治療は補助的な手段と考えます。ストレスに耐えられるこころの安定、考え方の転換、問題への気づき、解決への糸口の発見などをめざした精神療法や、家族や学校、職場の関係者にこころの病気や健康に関する基本的な知識と理解をもっていただくための環境調整など、上記3つの解決法のバランスを考慮した包括的な治療を心がけます。

 必要に応じ、臨床心理士による心理カウンセリングを併用します。また、予防医学の観点から、学校や職場、家族の精神保健相談を随時お受けします。

院長

梶山 有二 [医学博士]

精神保健指定医 / 精神科専門医 / 日本医師会認定産業医

山形大学医学部卒
山形大学精神神経医学教室入局 文部教官助手・講師
埼玉県小児医療センター 精神科医長
横浜市中央児童相談所 医務担当課長
財団法人紫雲会横浜病院 副院長 歴任後
2006年  つるかわ心療クリニック 開設

専門・得意分野     

児童・思春期から成人までの神経症、心身症、うつ病などの精神療法と薬物療法

主な著書

「児童思春期精神医学入門」(共著、医学出版社)
「児童・思春期の精神科」(分担執筆、南山堂)
「児童・思春期の精神保健マニュアル」(分担執筆、東山書房)
「こころの健康百科」(分担執筆、弘文堂)
「こころの病気を知る事典」(分担執筆、弘文堂)  他

所属学会

日本精神神経学会、日本うつ病学会、日本児童青年精神医学会、日本思春期青年期精神医学会、日本外来臨床精神医学会 など
日本医師会 会員


受付

待合室

第一診察室

カウンセリングルーム